引越し 台風 災害

引越しと台風などの災害

引越し 災害

 

日本はもともと雨の多い国で、梅雨や秋雨の時期は特に長雨になります。
ですから当然、引越し日が雨や雪に当たることも多々あります。

 

引越し業者は通常の雨や雪で引越しの日を延期したり、中止にすることはまずありません。
荷物や物件が濡れないように防水シートを敷いたり、タオルでこまめに家財を拭くなどして対応します。

 

靴下を多く持って行って履き替えるなど、雨なりの対応をするのだそうです。

 

しかし災害の時は全く別です。

 

大型の台風や記録的な大雪は人の命に関わる問題ですから、普通の雨や雪とは状況が全然違います。
トラックが強風で横転したり、何日も立ち往生するような場合もあるので、延期や中止もありえます。

 

そんなわけで、引越しの1週間前はこまめに週間天気予報をチェックしてください。
引越し当日に現住所や新住所に台風の進路が当たるという予報が出たら、直ちに引越し業者に連絡を入れて話し合ってください。

 

延期・中止・時間変更・日程変更などさまざまな可能性がありますが、お互いのスケジュールや現状を確認しないと決められません。
引越し前日からはキャンセル料がかかる場合もあるので、早めに行動してくださいね。