エアコン 引っ越し 費用

エアコンの引っ越し費用はいくら?お得に比較

エアコン 引越し 相場

エアコン 引越し 費用

エアコン 引越し 価格

エアコン 引越し 安い

エアコン 引越し 格安

 

エアコンの引越し、コンセントを抜けば持っていける他の家電と比べるとかなり大変です。
室外機と繋がれていますから自分では外すことができません。

 

通常は電気屋さんに連絡して取り外してもらい、引越し業者に運んでもらい、その後で再び電器屋さんに連絡して取り付けてもらうのです。
正直に言うとエアコンの引越しは面倒くさいのです。

 

しかし引越し業者には有料オプションがあります。
有料オプションの中にエアコンの移設がありますから、引越し業者にオプションを依頼すれば済みます。

 

引越し業者一括見積もりサイトなら、エアコンの移設費用込みの引越し料金を比べることが出来ます。

 

エアコン 引越し

 

電気屋さんに移設をお願いすると、取り外しと取り付け、配管の新品交換で2〜3万円くらいが相場だそうです。
配管の長さや室外機の取り付け場所など状況が異なるので、値段に差があります。

 

引越し業者にお願いするか、電気屋さんにお願いするかは費用を見てから決めてもいいですね。

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3つでも3分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

 

引越し業者の有料オプションとは?

 

引越し オプション

 

引越し業者は、有料オプションというサービスが存在します。
一体どんなことができるのでしょう?

 

次のようなものが、引越し業者が行っている有料のオプションサービスです。

 

@エアコンの取り付け・取り外し
Aテレビの取り付け・取り外し
Bハウスクリーニング
C車の陸送
Dピアノの運搬
Eペットの運搬
F殺虫サービス
G荷物の一時保管

 

オプションの内容は引越し業者によって異なるため、業者選びのポイントにもなります。

 

さてこの中で依頼が一番多いのが「エアコンの移設」だそうです。
エアコンは高価な家電なので自分で取り付けたのなら、引越し先にも持って行きたいですね。当然です。

 

しかし、エアコンの設置は外と配管でつながっているため素人だけでは難しいです。

 

引越し業者にオプションで依頼しておけば、エアコンの移設を手配してくれます。

 

車の陸送もそうです。車の運転が得意な人ばかりではありません。長距離には自信がない人もいるでしょう。

 

自分で運べたらいいのですが、仕事が忙しい・運転が苦手・長距離を走る体力がないなどの理由で遠距離は運べないこともあります。

 

それが引越し業者に依頼できるのであれば嬉しいですね。
このように一部の人にはとても便利な事柄がオプションサービスとなっているのです。

 

 

ダンボールの入手方法

 

引越し ダンボール

 

引越しに必要なダンボールは、どこでどうやって調達すればいいのでしょうか?

 

引越し業者と契約をすると、最初にダンボールを大量にプレゼントしてくれるところが多いです。
プレゼントされるダンボールの数は業者によって異なりますが、数十個単位で貰えますのでこれは助かりますね。

 

しかし荷物が多かったり、家族の人数が多いと、50個のダンボールをもらっても足りないことがあります。

 

足りない場合はどこかから調達する必要がありますね。
以前ならダンボールはスーパーで貰うことができましたが、今はちょっと事情が違います。

 

レジ袋の有料化でダンボールがお客さんへの無料サービスとしてお店の中に置かれるようになって、「1人での大量の持ち帰り、お断り」という注意書きがあったりするのです。

 

1人で大量に持ち帰られると店内にダンボールを補充する人の負担が大きくなるためです。
スーパーで貰えない場合は、比較的まだ緩い近所のドラックストアで貰えないか聞いてみましょう。

 

どうしても貰えなかった場合は、引越し業者に相談して有料で追加購入したり、ネットやホームセンターなどで買いましょう。
その時、ダンボールは大きさよりも素材の丈夫さに注意して購入してくださいね。

 

薄いダンボールは危険です。
詰めすぎると重くて持てないとか、底が抜けて怪我をする危険がありますから、重い物は小さい箱に入れてください。

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しの際にはすることが多いですから、先に簡単な手順を確認しておくと便利です。

 

まずは引越しの意向を管理会社や大家さんに伝えてください。

 

引越し業者への見積もり依頼ですが、新居が決まってからでないと見積もりの受付をしてもらえません。
新居の情報も引越し料金に大きく影響するからです。

 

ですから、新居が決まったらすぐに見積もりを依頼しましょう。

 

荷造りは時間に余裕を持ってやると後が楽です。
不要品が出たら売る・あげる・捨てるなどして、引越し前に処分してくださいね。

 

引越し2週間前から転出届を出すことが出来ます。これは市外へ引越しする場合に必要です。
ほかにも健康保険や年金、児童手当など役所関係の書類があればついでに出しましょう。

 

電気・ガス・水道・ネットなどは1〜2週間前に各会社に引越しの旨を伝えて精算の手配をしてもらいます。
市内引越しであれば、同じ会社で新居の電気・ガス・水道を使えるようにしてもらってくださいね。

 

郵便物の引越しは最寄りの郵便局で転居届を出せば1年間だけ新居に転送してくれます。

 

さていよいよ引越しですが、自分で運ばなければならない荷物があります。
貴重品・高級品・現金・通帳・印鑑・貴金属・時計・パソコン・データ類・下着・見られたくないものは自分で運んでください。

 

新居での家具の配置をあらかじめ決めておくと当日の作業がスムーズです。

 

引越しが終わったら2週間以内に市町村役場で「転居届(市内引越しの場合)か転入届(市外引越しの場合)を提出します。

 

最後に運転免許証やパスポート、保険会社、銀行やクレジットカードなどの住所変更をするようになさってくださいね。
忘れると大事なお知らせが届かくなったり、サービスが受けられなくなったりするのでお忘れなく。